無料ブログはココログ

アニメ・コミック

2014年3月18日 (火)

ヤマノススメ

今年の冬山もそろそろ春景色に変わる頃になりました。

事故に遭われた方、遭難されて命を落とされた方、山は怖いと
本当に思います。

これから春登山の季節になりますが、山は雪が降ってる時だけが
怖いわけではありません。

夏山も甘く見てると遭難します。

詳しい注意は登山ガイドの本にでも任せるとして・・


Ya001

       『ヤマノススメ』(2013年 アース・エンターエインメント  原作;しろ)

高所恐怖症の主人公 あおい が幼馴染の ひなた と再会して
幼い頃見た山頂の朝日を、もう一度見たいと登山にチャレンジする
物語です。

作者の趣味が登山だけあってテントやストーブ、コッヘルなどが
随所に登場します。

話中にはさりげなくシュラフの選び方も紹介しています。

Ya002tile
“登山は正しい知識と経験を積むこと” みたいな教訓めいたアニメじゃ
ありません。

ふわふわゆるゆる・・ではありますが、あまりにも無防備な装備で
山登りされる方々はちょっとだけ観た方がいいかも・・


Ya006

山が緑色に染まってくると登りたくなるはわかりますが、少なくても
迷った時の準備だけはしていきましょう。





2014年3月 5日 (水)

のんのんびより

前「田舎に泊ろう」とか「自給自足生活」みたいな田舎にスポット
を当てた番組がたくさんあったよね。

都会のコンクリートに囲まれた殺伐とした生活から離れて自然豊かな
地方の田舎に住もうって番組もあった。


でも実際どうだい?楽しいかい?心が豊かになったかい?

もう10年ぐらい前になるのか、ねんざさんの住む長野県にも都会から
移住したい。または週末だけでも田舎で過ごしたいって人がたくさん
訪れて賑わってた頃があった。


少々お金を持ってる人達は古民家を購入してリフォームしたり、わざわざ
田舎風の囲炉裏のある家を新築したりして楽しんでましたね。

現在はほとんどの家は売りに出てたり、荒れ果てて草むらの中に
隠れて見えなくなってしまっている。

あの時一緒に来ていた子供たちはどう思ったのかな?


N001
         『のんのんびより』(2013年 旭丘分校管理組合 原作;あっと)

全校生徒5人の旭丘分校。

この山里にある分校に東京から転校生がやってくる。

一条蛍 小学5年生 。


近くにコンビニもスーパーもない、あるのは無人の販売所。


バスは2時間に1回しか来ない。


遊ぶところと言えば山や川。山菜を採ったり魚釣りをしたり
春になったら桜の下でお花見したり・・


N004tile

主人公のちゃんは都会育ちの美少女で、発育もよく近所の
おばさんにお見合いを勧められたりする。


一見落ち着いた雰囲気に見えるが実は案外活動的だったりする。


分校の最年少である小学1年生の宮内れんげ ちゃん。


成績は優秀でお絵かきも賞をもらうぐらいに上手である。


でも独特の感性を持っていて、野生のタヌキに「具」って名前を
つけて飼おうとしたり、川魚を熊みたいに片手で弾き飛ばすように
捕まえたりできる。


N003tile
それに中学生の越谷夏海ちゃん小鞠ちゃん姉妹や駄菓子屋の
お姉さんなどちゃんの回りには騒がしくて素敵な人たちがいっぱい。


スタイリッシュなアニメもいいけど、たまにはこんなのも楽しいっすね。


N012




2014年2月28日 (金)

こんなアニメは苦手です

別にひねくれてはいないと思います。

恋愛を主題にしたアニメや映画が嫌いでたまらない!
みたいな偏った考え方をしている訳ではありません。


世の中は男と女しかいないんですから、恋もするし失恋もする。


むしろどのアニメでもドラマでも多少の恋愛シーンはあって当たり前
だと思ってます。


しかしどうも苦手なアニメはあります。

Ir002
                     『花咲くいろは』(2011年 P.A.WORKS)


Tu001
                  『true tears』(2008年 P.A.WORKS  原作;La'cryma)


Na001
           『凪のあすから』(2013年 P.A.WORKS 原作;Project-118)



『花咲くいろは』は女子高生が旅館の仲居になるため、祖母の経営する
旅館にやってくる所から始まります。

昼の帯ドラマで似たような話があった気がしますが、厳しいが筋の通ってる
祖母に怒られながらも成長していく姿は確かに感動的です。

しかし余計な恋愛話は要りません。

ダラダラとした感情シーンをいいところで挿入されても、萎えるばかりです。


『true tears』は主人公の煮え切らなさにイライラしました。

まぁそれも狙いなんでしょうけど、誰のことも好きで、誰のことも心配で
自分の気持ちははっきりしないって・・

見始めた以上は最後まで観るのがねんざさんのルールですから
結局Final迄観ましたが、半ナマの焼き魚食べてるような気分でした。


『凪のあすから』は評判が良さそうなので観てみましたが、主人公の
テンションが高すぎて胸焼けします。


でもどの作品も絵は綺麗だし、音楽もいいし、観て損はありません。





2014年1月30日 (木)

かみちゅ!

今年も初詣は行ってませんが、行かなくなってから10年以上
たちますね。

別に理由はないんですけどなんとなく面倒くさくなって。


ねんざさんの実家は仏教です。
おばあちゃんが亡くなった時もお坊さんが来て、読経して頂きました。


小さい頃から疑うことなくお仏壇に手を合わせたり、たまに果物などを
お供えしたりしてましたが、【宗教】に関して何か特別な考えがあった
わけではありません。


ほとんどの人がそうでしょうけど物心ついた時にはそこにあって
手を合わせるのが当たり前だったというだけのことです。



以前ブラジルの方と話をしたことがあるんですが、海外の人たちの
宗教観は日本人とは全く違ったものでした。



ねんざさん自身としては “今日も1日無事に過ごせますように!”って
心で祈るぐらいですかね。



重いアニメが続いたので今度はこんなのを・・



Km001
      『かみちゅ!』 (2005年 ブレインズ・ベース 原作;ベサメムーチョ)


舞台のモデルは広島県尾道市。


女子中学生・一橋ゆりえはある日突然 神様 になってしまった。


学校では生徒たちの悩み相談を聞いてあげたり、町の行事に参加
したり何かと忙しい毎日を過ごしていた。


Km006tile
神様になったためにゆりえはいろんな妖怪や他の神様を
見ることができる。


本人は気づいてないが、相当格の高い神様になる力があるらしく
台風を静めたり思い出の場所を再現したり、行方不明の人を
探し出しその場所へテレポートしたりすることができる。

そんなある日飼い猫のタマが海に落ちて、危うく溺れるところを
貧乏神に助けられ、そのまま貧乏神が体に入り込んでしまった。


そのため2本足で歩き、言葉も話す。仕草も人間と変わらない。


普段は猫のタマとして家族には振舞っているが、油断すると
人間っぽくなってしまう。


目撃した弟はかなり怪しんでいるのだが・・


Km003horz
そのほかゆりえの親友で来福神社の娘である三枝祀(さえぐさまつり)
その妹三枝みこ、学年でも秀才で巨乳の四条光恵ゆりえが想いを
よせる二宮健児などのエピソードを加えながら神様になったゆりえの
日常を楽しく描いていく。


Km010tile
ここでゆう神様とは 八百万の神 であり、万物にはすべて神様がいらっしゃる
といった神道の考え方からきているらしいです。


ますます四国に旅行に行きたくなりましたO(≧▽≦)O




2014年1月26日 (日)

屍鬼

都合が悪い事ははぐらかす。

知られたらマズイ事はベールに包んで無かったことにする。

人間社会が発展する上でとても重要な要素だと思います。


時代の権力者達は人々を力でねじ伏せるか、甘い餌で誘って支配下
に置いてきました。

現在においても同じ事は繰り返されてます。

知らない間に個人情報は流出して、知らない間に目隠しされて、
知らない間に同じ方向へ進むように誰かから操作されてるかも
しれません。

隣に住んでる人が本当はどんな人なのか知ってますか?


Sk001

          『屍鬼』(2010年 屍鬼製作委員会 原作;小野不由美)

屍鬼 とは死亡した後蘇生し超人的な能力を得た人間のこと。

体を流れる屍鬼の血液以外は必要としないため、心臓を含む
内臓器官は動いていない。

もちろん呼吸の必要も無いので肺も動かない。

体を切り裂かれても驚異的な速さで治癒する能力を持ち
老いることもない。


ただその生命を維持するためには人間の血液を必要とする。


まぁ何ていうか吸血鬼ですよね。格好良く言えばヴァンパイア。


『ロザリオとバンパイア』ってアニメがあって、こちらはねんざさんの
大好きな おパンツ見えちゃった~♥ 的なちょっとHな・・

  ※只今不謹慎な発言があったことをお詫びいたします<(_ _)>








Sk002

人口1300人の小さな村。 外場村。 四方を山に囲まれ外部との
連絡は国道が1本あるだけ。

隔離されたこの村で次々と死人が出る。

村人たちは事件性は無いと判断したのだが、医師;尾崎敏夫 は
この死に不信感を抱く。

そんなある日村人たちが 起き上がり を見たと騒ぎ始める。

外場村には 埋葬された死者が生き返って人を襲う と言い伝えが
があり、人々はそれを 起き上がり と呼んでいた。

Sk006tile

村人が屍鬼の存在を確認した時には、相当な数の村人が屍鬼と
なっていた。

尾崎敏夫を中心に村人と屍鬼との戦いが繰り広げられるが
話の後半部になると、どちらが化物かわからなくなるほど
村人たちの屍鬼狩りは狂気へと変わっていく。


Sk014tile

やはり何が怖いかって言えば 常軌を逸した人間の集団 が
一番怖いですね。


Sk003

都会に憧れていた高校1年生の清水恵

屍鬼になりやがて村人に捕まりトラクターで頭を踏み潰されます。


彼女の最後の言葉

      生まれてこなければよかった・・

Sk004

屍鬼となり永遠の命を得るか、人間として限られた命を削るか・・



2014年1月25日 (土)

ぼくらの

「愛するひとを守るために・・」って映画のサブタイトルについたり
するよね。

特に邦画の戦争やパニック系の映画ならほとんどそのパターン。

その「愛するひと」って誰を指すのかな?

家族?友人?イクラちゃんのママ?

とって付けたようなヒロインを無理やり映画の主軸にして
“涙が止まりませんでした~”って間抜けなコメントのCM流して
スポンサーはエイ●ックス。


もう少し骨のある映画撮ろうよ。


このアニメを観ました。

B002
             『ぼくらの』(2007年 イズミプロジェクト 原作:鬼頭莫宏)

夏休みの自然学校に参加した少年少女15人。

彼らの前に現れたココペリと名乗る謎の男。

ココペリは“一緒にゲームしないか?”と彼らを誘う。

14人の子供達(1人の少女は兄に参加を止められる)はココペリと
契約を結び哀しいゲームに参加することになる。


子供たちはジアースと名付けられたロボットを操縦して、目の前に
現れた巨大な敵と対戦する。


最初は大掛かりなコンピュータゲームだと思ってた彼らだったが
何体かの敵を倒した後、恐ろしい設定を聞かされる。

ジアースを操縦するのは1人だけ。14人の中から選ばれ、選ばれた
人間は体に紋様が浮かび上がる。


B005

ジアースを操縦して、敵を倒すことが子供たちに与えられた使命なのだが
もし負けたら人類すべてが滅亡してしまう。

もし敵を倒して人類を守っても操縦者自身は死んでしまう。

B003horz

様々な心の葛藤の中、子供たちは自分だけの死を選びたたかって
消えていく。

毎回哀しい戦いが繰り広げられ、そこには何も救いようがない。


笑って観ていられるようなアニメじゃありません。

見終わってこんなに重い気持ちになるのはエヴァ以来ですね。

B001_2




2014年1月23日 (木)

もっけ

都市伝説と地方に昔から伝わる妖怪の話って質が違うと
思うんですよね。

幽霊病院にしても呪われたトンネルにしてみても、根本的には
肝試しの延長にあるお化け話でしかないように思うんだよ。


ところが百年以上前から伝わっているような伝承話はどこか
深いところに真意があるような気がします。

故杉浦日向子さんが「百物語」の中で 

人の寿命が3百年もあれば少しは世の中がわかるかもしれぬ”と

言われてました。


ねんざさんは今年で41歳になりますが、あと259年生き続けて
世の中の理屈が少しわかるようになってから転生したいと思ってます。


次に生まれ変わったら女子の自転車のサドル・・・ヘ(..、ヘ)☆ヽo( ̄∇ ̄ )

M006           
         『もっけ』(2007年 手塚プロダクション他 原作:熊倉隆敏)

親元を離れて祖父母の家で暮らす姉妹。

姉の静流(しずる)はもののけを見ることができる。

妹の瑞生(みずき)はもののけに憑かれやすい。

特異な体質を持つ2人の姉妹が拝み屋をやっている祖父の助けを
借りてもののけと向き合っていく。

M001tile

もののけは人の心の弱い部分に入り込もうとする。
しかし、人である我々がもののけを退治しようなどと言うのは
勘違いも甚だしい。

しばらくの間何処かへ行ってもらうか、先に行ってもらうかを
お願いするのだ。


時代と共に忘れられていくもののけ達。

しかし彼らは消えてしまったわけでは無い。どこかでひっそりと
人間社会を眺めながら生き続けているのである。


M005

厄災を運んでくるもののけでさえ、人に罵られながら山に帰る事を
望んでいたりする。


古くなったものは捨てられやがて人々の記憶からも消えていく。

使い捨ての時代はそろそろ終わりにしようよ。

追伸・・ECOって付けば何でもOK!みたいな雰囲気も終わらせよう。

2014年1月21日 (火)

灰羽連盟

春遠からじ・・って言ってもまだまだ寒い季節は続きます。

長野県はこれからが本番です。

1月中旬から2月にかけて、一年で最も寒くなります。
できるなら冬眠して春の日差しを待ちたいのですが、クマじゃ
ないので無理っぽいです(* ̄(エ) ̄*)ポッ


H001
            『灰羽連盟』(2002年 フジテレビ  原作:安倍吉俊)

遠い空の彼方から落ちてきた少女。彼女はいつしか水に満たされた
繭の中で目を覚ます。

彼女を迎えたのは、飛べない羽を持ち頭には光る輪をつけた
「灰羽」と呼ばれる人々。

H003

彼らがどこからやってきたのか、何のために生まれたのか誰も知らない。

いつの間にか生まれ、年齢も様々。

彼らには掟があって、人間の使い古したものしか使用できない。

だから住む所も旧校舎だったり廃工場だったり、もちろん服も
古着しか着ることが許されない。

そんな彼らの独特な世界観がセピア色の色彩で優しく描かれてます。

H002tile
子供向けっていうより、夫婦でゆっくり楽しむアニメですね。



2014年1月11日 (土)

シゴフミ

想いを残したまま亡くなってしまった後、生前の想いを伝えたい人に
送る「死後文」。


その「死後文」を配達するのが、「死後文配達人」の仕事である。


Shig001
           『シゴフミ』(2008年 バンダイビジュアル 原作;湯沢友楼)

主人公のフミカは 死後文配達人。

Shig002

死という現実を迎え、残してきた人に送る手紙。それは決して
生前の楽しかった思い出だけとは限りません。

何者かによって命を奪われた人、自分で生きることを放棄した人、
病気、不慮の事故。

そんな人たちが「死後文配達人」に託すのは、とても悲しい生きていた
時の記憶だったりします。

Sgig003
キャラの可愛らしさに騙されると、内容の重さにさにぶっ飛ばされます。

でも死ぬことって誰も避けられないものだから、つい真剣に観てしまい
ました。


Shig008
正月早々重たいアニメですがかなり秀作だと思います。





2013年12月 8日 (日)

ARIA

年末とあって色々と慌ただしい毎日が続いてます。

ねんざさん自身はたいして忙しくも無いのですが、買物などに行くと
なんとなく賑やかな感じがして、原因は多分Xmasセールの飾り付け
なんだなぁ~と当たり前のことに感心している日曜日の午後です。


ところで今夜のメニューなんですが豆カレーにしたいと思ってます。

行きつけの西友で買物してきました。

Ka01
ルーはいつものジャ●カレー辛口と今回はこく○ろ甘口にしてみました。

肉は冷凍してた豚ロースのブロックを使います。
あとは玉ねぎと人参と大豆の水煮です。

それと今夜はお友達に教えてもらったリンゴケーキにもチャレンジ
してみます。


先日アニメで「ほのぼの」とした作品を検索してたらこのアニメが
ねんざさんの心をヒットしました。

Ar001
                           『ARIA』(2005年 TXN系列  原作;天野こずえ)

西暦2300年火星は水の惑星と改造?され人が住める星へとなっています。

その星は「アクア」と呼ばれいくつかの都市が築かれ、そのうちの一つ
ネオ・ヴェネツィアがアニメの舞台となっています。

ネオ・ヴェネツィアは地球のヴェネツィアを再現した美しい観光都市で
街中に運河が張り巡らされゴンドラが主な交通機関となっている。

またこの街は女性によるゴンドラ漕ぎが観光案内を行い彼女たちの事を
ウンディーネ」と呼び観光産業の重要な働きをしている。


地球から来た少女 水無灯里(みずなしあかり)はウンディーネになるため
小さなゴンドラ観光会社「ARIAカンパニー」に入社する。

Ar012

そこで灯里は「ARIAカンパニー」の社長でありウンディーネとしても
水の三大妖精の一人である アリシア と出会う。

Ar006horz

灯里アリシアの優しい指導を受けながら技術的にも人間的にも
成長してゆく。

また同じく一流のウンディーネを目指す仲間 「姫屋」の藍花 
オレンジぷらねっと」のアリス と共に合同練習を行いお互いの
技術の向上と友情を深めていく。

Ar008horzvert

アニメ 『ARIA』 は   『ARIA The ANIMATION』 『ARIA The NATURAL』
『ARIA The ORIGINATION』 の3期で放送され間にOVAが1作品ある。

とても綺麗な作品です。水と空とゴンドラの織り成す風景は美しいとしか
言いようがありません。

特にこれといって事件が起きるわけでは無く検索ワードそのものの
「ほのぼの」としか雰囲気のアニメですが不思議と退屈じゃないんですよ。

毎日の日々の中、移りゆく季節の中、ほんのちょっとした出来事が
彼女たちを育てていく。

そんなアニメです。

観る人によってはつまらない作品かもしれませんが、ねんざさんは
とても気に入りました。


さてカレーの準備にかかります。

もちろんコイツも買ってきてます。

Dscf4153_2

噛まずに口の中でチョコを溶かして最後にピーナッツを食べる。

これこそが   王道   です<( ̄^ ̄)>


より以前の記事一覧

その他のカテゴリー