無料ブログはココログ

« 灰羽連盟 | トップページ | ぼくらの »

2014年1月23日 (木)

もっけ

都市伝説と地方に昔から伝わる妖怪の話って質が違うと
思うんですよね。

幽霊病院にしても呪われたトンネルにしてみても、根本的には
肝試しの延長にあるお化け話でしかないように思うんだよ。


ところが百年以上前から伝わっているような伝承話はどこか
深いところに真意があるような気がします。

故杉浦日向子さんが「百物語」の中で 

人の寿命が3百年もあれば少しは世の中がわかるかもしれぬ”と

言われてました。


ねんざさんは今年で41歳になりますが、あと259年生き続けて
世の中の理屈が少しわかるようになってから転生したいと思ってます。


次に生まれ変わったら女子の自転車のサドル・・・ヘ(..、ヘ)☆ヽo( ̄∇ ̄ )

M006           
         『もっけ』(2007年 手塚プロダクション他 原作:熊倉隆敏)

親元を離れて祖父母の家で暮らす姉妹。

姉の静流(しずる)はもののけを見ることができる。

妹の瑞生(みずき)はもののけに憑かれやすい。

特異な体質を持つ2人の姉妹が拝み屋をやっている祖父の助けを
借りてもののけと向き合っていく。

M001tile

もののけは人の心の弱い部分に入り込もうとする。
しかし、人である我々がもののけを退治しようなどと言うのは
勘違いも甚だしい。

しばらくの間何処かへ行ってもらうか、先に行ってもらうかを
お願いするのだ。


時代と共に忘れられていくもののけ達。

しかし彼らは消えてしまったわけでは無い。どこかでひっそりと
人間社会を眺めながら生き続けているのである。


M005

厄災を運んでくるもののけでさえ、人に罵られながら山に帰る事を
望んでいたりする。


古くなったものは捨てられやがて人々の記憶からも消えていく。

使い捨ての時代はそろそろ終わりにしようよ。

追伸・・ECOって付けば何でもOK!みたいな雰囲気も終わらせよう。

« 灰羽連盟 | トップページ | ぼくらの »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

ねんざさん、こんばんは♪

「もっけ」、コミックスの1巻だけ読んだことがあります。
なかなか考えさせられる漫画でした。
アニメもあるんですね^^

(*・ェ・*)ノ~☆コンバンワ♪

『夏目友人帳』に似た所もあるけど、もののけは退治
するものじゃなく共存するものだって姿勢が好きですね。

機会があればアニメも観てみてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1654783/54717318

この記事へのトラックバック一覧です: もっけ:

« 灰羽連盟 | トップページ | ぼくらの »