無料ブログはココログ

« Angel Beats! | トップページ | 喰霊-零-を観ました »

2013年7月10日 (水)

観劇して来ました

昨日は市民劇場の例会に行って来ました。

Dscf4073

『樫の木坂四姉妹』(作:堀江安夫  演出:袋 正)

Dscf4074

長崎原爆で生き残った姉妹の話です。

四姉妹のうち三女は原爆の犠牲になって、55年の月日が経ち
残された姉妹は被爆者としての人生を送っていた。

もうすぐ8月になります。

戦争が終わって随分と経ちますが、相変わらず世界のどこかで紛争が
起きています。

民族とか宗教とか難しいことはわかりませんが、もうちょっと仲良く
しませんか?

劇中姉妹が若くて、仲良くふざけあう描写がありましたが、胸にくるもの
がありました。

« Angel Beats! | トップページ | 喰霊-零-を観ました »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

ちゃおっすヽ(´▽`)/
これは以前記載してた例会ですかな?
文化的でいいね~。
ねんざさんって、結構マメに観劇してるんだね。
映画館なんかも頻繁に行ってるのかな?

原爆の被爆者は生存されていて、もしかしたら
被爆の症状が出るかもしれないという恐怖感は、どうしても
拭えないと思う。
それも次世代にも影響があるかも、と怯えている。

『人類みな兄弟』って言うけど、宗教が絡むとどうしてこうも
悲惨なことが出来てしまうのか。
本来『神』は、殺戮を好むものなのか。
『神』はいわば人間が創り出した『象徴』
平和を願っての教えが、都合よく解釈され、自分達の
私利私欲のために持ち出され、罪も無い一般市民が
犠牲になってゆく。

本当に『神』がいたら、この世界を悲しむだろうね。

miitaさん(。≧ω≦)ノコンチャ!!
劇は定期的に鑑賞してます。

たま~~~におパンツアニメやフィギュアを眺める
ぐらいです( ̄∇ ̄*)ゞ

映画も行きたいんですけど、車で30分ぐらいかかる
のでなかなか行けません。
どうせ休みは暇なんだし、お人形とお話する暇が
あったら行こうと思います。

被爆された方は未だに後遺症に苦しまれています。
心無い人は感染するんじゃないかと中傷するらしいです。

悪意のある人間と善良な人たちを『神様』は平等に
見ているのか時々疑問に思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1654783/52393209

この記事へのトラックバック一覧です: 観劇して来ました:

« Angel Beats! | トップページ | 喰霊-零-を観ました »