無料ブログはココログ

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月25日 (火)

Angel Beats!

梅雨らしい不安定な天気が続いてます。

布団干したいと思ってるんですが、いつ降るかわからないし
いっそのこと布団乾燥機を買おうかな~なんて考えてます。

ところで「死後の世界」ってあるんでしょうかね?

人は死んだら魂となって、死後の世界へ行き、そこでふたたび
生まれ変わる時を待つ。

でも不慮の事故で亡くなったり、病気で亡くなったり、誰かに殺されたり、
思い悩んで自殺した人の魂はこの世に未練が残って永遠に生まれ変わる
こともなくさまよい続ける。

いわゆる成仏できないでいるって事なんですよね。

この成仏って考え方はいつ覚えたのかな?

An001
           『Angel Beats!』(2010年 原作;麻枝准  監督;岸誠二)

音無結弦(おとなしゆずる)が目を覚ますとそこには、銃を構えて
背を向けてる女の子がいた。

音無が目を覚ましたのは死後の世界。それも丘に囲まれた全寮制の学園。

でもこの学園の生徒は生きているときに、理不尽な出来事によってまともに
青春時代を送れず、命を落とした者たちである。

どこかで聞いたような設定ではあるけど、脚本がねんざさんを感動の世界に
突き落とした『CANON』 『CLANNAD』 『AIR』を手がけた麻枝准さんなので
見なくてはいけないという使命に駆られ鑑賞した次第であります(*・・*)ポッ

音無は銃を構える女の子仲村ゆりによって強制的に「死んだ世界戦線」に
加入させられる。

「死んだ世界戦線」とは、仲村ゆりを筆頭とする生前の記憶を持った人間達
によって構成され、天使を倒すために様々なオペレーションを展開する
戦闘組織である。

ここは死後の世界である。だから死ぬことは無い。

音無は序盤から天使ちゃんに刺されるし、保健室で目を覚ますとバルハード
を持った野田によって突きまくられるし、ユリにジャーマン決められるし・・
散々な目に合わされる。

An020

物語の主軸は戦線と天使との戦いなんだけど、終始戦いに明け暮れる
わけではなく、ゆりが指令するどこか間抜けなオペレーションを遂行する
メンバーがコミカルに描かれている。

An008

仲村ゆり  通称 ゆりっぺ  裕福な家庭に育ったが強盗によって
幼い弟妹を全員殺される。

An005



立華かなで
  戦線メンバーからは天使と呼ばれているが、彼女も
現世に思いを残した死んだ人間である。

一人一人が現世に何かの思いを残している。その思いを晴らすこと
よって彼らは消滅(転生?)することができる。

ユイ日向は犬猿の仲、顔を合わすたびにバトルを始める。

An006

ユイ  性格は短気で毒舌家。気性も激しいが本来は純粋で寂しがりである。
幼い頃、交通事故に遭い後遺症で寝たきりとなって、母親の介護を受けていた。

ずっと寝たきりだったユイはテレビの中の世界が唯一の娯楽だった。

プロレス、サッカー、野球、そしてバンドのボーカル。ベッドの中で
毎日思いを馳せるユイ

An021
音無はメンバーの協力を得てユイの叶えられなかった夢を次々と
叶えてやる。

そしてユイの最後の夢「結婚したい」を、犬猿の仲である日向が叶えること
ユイは静かに消えていく。

An022

ねんざさんとしては、メンバーたちが次々消滅していく過程でもう少し1人1人
のこの世界に来た訳を表現して欲しかったな・・と。

そしたら2期3期って作らなきゃいけないから仕方ないのかな~

Eb012_2

ねんざさんはいつあの世に行くのかな?本当に迎えが来るのかな?

川を渡ってお花畑があって鳥が鳴いてていい匂いがして・・

昔仲良くしてた女の子が子宮筋腫とか病気で逝っちゃったんだけど
あっちの世界では元気にしてるかな~

もう生まれ変わったかもね(*´∇`*)



2013年6月23日 (日)

夏目友人帳

ケーブルで『ゲゲゲの鬼太郎』をやってたので、何気なく見てたんだけど
なんだろ~( ̄ヘ ̄;)

スタイリッシュでやったら強い鬼太郎は、ねんざさんの持ってるイメージと
違いすぎて違和感がありました。

いまの子供達のニーズとかけ離れていくヒーロー像が少し寂しくなりました。

お化けといえばこれを観てみました。

Nn001
           『夏目友人帳』(2008年~2012年 原作 緑川ゆき)

放送は2008年からで『夏目友人帳』 『続 夏目友人帳』 『~参』 『~肆』
の全13回の4シリーズ制作されています。

妖怪(あやかし)が見える少年 夏目貴志 は幼い頃に両親を亡くし親戚の
家をたらい回しにされて育った。

普通の人には見えない妖怪が見えるため、周りから嘘つきと罵られ
大人たちからは怪訝な目で見られながら高校生となる。

貴志の祖母になる 夏目レイコ は妖怪に対して強力な力を持ち
勝負に負けた妖怪の名を友人帳に封じ込めていた。

レイコの遺品として友人帳を受け継いだ貴志は、行きがかり上用心棒と
なった妖怪ニャンコ先生(斑)と一緒に妖怪たちに名前を返す日々が始まる。

Nn003
          長年封印されていたため招き猫の姿になったニャンコ先生

Nn002

これが本来の姿ですσ(=^‥^=) ミィ?

『夏目友人帳』は 妖怪を退治して人々の平和を守りました みたいな
話とは少し違います。

貴志の前に現れる妖怪たちは、恐ろしい奴ばかりではなく、面白い奴
ふざけた奴、寂しがり屋、何かを探してるもの、悲しい過去を持つもの・・

様々な妖怪たちと触れ合ううちに貴志は、今までの自分と家族や友達
とのあり方を考え始める。

全52話ある中でどれがよかったなんて、到底あげられるものでは
ないんですが・・・

Nn009
   第1回目 第6話『水底の燕』は切なかったですね。


BESTじゃないですけど、氷のように冷え切ったねんざさんの心を
暖かくしてくれたのが第3期 第4話 『幼き日々に』でしょうか。


木の上に住んでる妖怪で人の目には見えないので1人で寂しい思いをして
いたが、ある日貴志に自分の姿が見える事を知り、面白がってちょっかいを
出してきた。


Nn004

ちょっとしたことで貴志を傷つけてしまった妖怪はの姿になって
泣いている貴志を慰めていた。

やがて貴志は違う親戚の家に行くことに、妖怪はまた1人ぼっちになってしまう。


Nn011

数年が経ち1人ぼっちで木の上にいる妖怪に貴志は会いにいく。


この時点でねんざさんの涙腺は崩れ去りました(ノω;)


秀作だと思います。

2013年6月21日 (金)

あの花

この頃テレビ見ることがすっかり減りました。

たまに気が向いた時にONにするぐらいで、電源自体を切ってることも
多いですね。

部屋に帰って食事やシャワーを済ませると、PCに向かいます。

ニュースですか?

時事関係のニュースは大体わかりますし、地元のローカルなニュース見ても
たいして面白くもない。朝会社で新聞読めば、ほとんど事足りますから。

PCに向かってまず何をするかというと、Hなサイト♥ じゃなくてココログです!

キラ・ポチはだいたい会社でやっちまいますから、コメ見たり人のブログを
読んだり箱庭に水をあげたりして、一通り楽しみます。

その後はアニメを観るんですね~( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

で、今日はこれ。

Ah07
        『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない』(2011年 フジテレビ)


主人公の宿海仁太(じんたん)は半ば引きこもり気味の高校生。

じんたんは幼い頃、めんまゆきあつあなるなど6人で「超平和バスターズ」
を結成し、秘密基地で遊んでいた。

しかしめんまの突然の死によって、グループは解散し互いに距離を
おくようになって、それぞれの道を歩いていた。

そんなある日、じんたんの前に死んだはずのめんまが現れる。

Ah04

本間芽衣子(めんま)はロシア人とのクォーターで銀紙碧眼、明るい性格で
グループの中でも人気者だった。


Ah02_5


じんたんめんまに「お願いを叶えて欲しい」と頼まれる。



Ah03_3


 

めんまじんたん以外の人間には見えないんだけど、やがて他のメンバー
も彼女の存在を信じるようになる。

Ah01

やがて願いが叶いメンバー全員の前に姿を現しためんまは・・・

:・。・゜゜・(≧◯≦)・゜゜・。・え~~~~~~~~ん!!!

不覚にもまたしても涙したねんざさんでした。

2013年6月20日 (木)

ゆで卵

このところ誰かがゆで卵をくれます。

先日は5個もらいました。

昨日は4個別の人がくださいました。

Dscf4071

よほどゆで卵が好きな男だと思われてるみたいです。








2013年6月18日 (火)

シュタゲ!トゥットゥルー♪

シュタインズ・ゲート観ましたよ(ё_ё)キャハ

Sy001
           『シュタインズ・ゲート』(2011年 独立UHF局・AT-X)


ゲームは未経験で予備知識もなく観始めました。


主人公の岡部倫太郎は、厨二病でマッドサイエンティスト 鳳凰院凶真を名乗り
空気の読めない言動や窮地に立たされると携帯でエア通話をはじめるなど少々
痛々しい大学生である。

「オカリン」こと岡部は「未来ガジェット研究所」を創立して、電気大学の学生である
橋田至と幼馴染の椎名まゆりまゆしぃ~)らと、日々発明を繰り返していた。

とにかくこのアニメ、登場人物がどれも魅力的で感情移入しちゃいそうに
なるんですが、回が進むごとに内容は複雑になり、ところどころ (・・∂) アレ?
と思って見直したり、伏線も効いてて見ごたえありました。

ねんざさんはヒロイン格の牧瀬紅莉栖も好きですけど、なんといっても
まゆしぃ~☆が可愛らしくてたまりまシェン(/▽*\)~♪

Sy002

だからまゆしぃ~が☠☠☠☠なことになったときは、マジで落ち込み
ましたshock

Sy004

もちろん漆原るかこと「ルカ子」も好きですよ。←男ですけど・・

Sy006

      

   「相対性理論ってとてもロマンチックで、とても切ないものだね」名言っすよ!

中盤からラストにかけての、収束は見事ですね。
ねんざさんはもう1回全話見直します。

Sy01



            フェイリス・ニャンニャンのフィギュアが欲しいっす。




2013年6月17日 (月)

アニメ観てます

最近アニメばっかり観てますね。

「泣けるアニメランキング」から適当に選んで観てたんだけど
すっかりハマってしまいました。

もともとアニメは好きなんですけどここまで集中して観るのは
久しぶりですね。

今回はこれから。

Tm01        
                  『東京マグネチュード8.0』(2009年 フジテレビ)

夏休みに入り中学1年生の小野沢未来は、弟の悠貴を連れてお台場の
ロボット展に出かけます。

忙しい母親に弟のお守りを押し付けられ、不機嫌な未来はメールに
“こんな世界壊れちゃえばいいのに”って打ち込みます。

その時東京をマグネチュード8.0の地震が襲います。

必死で弟の姿を探す未来の前に、バイク便ライダーの日下部真理
現れる。

Tm03














悠貴を無事見つけ出し、一応落ち着くものの周りはすっかり瓦礫と
化して絶望的な状況の中、真理は未来を励まし一緒に家族を探しに
向かいます。

Tm02

ねんざさんは東日本大震災の影響をほとんど受けてません。

テレビやネットに流れる情報を第三者として見ているだけでした。

ただそれだけでした。

2013年6月 9日 (日)

ついてくる妹・・

ねんざさんは独身で子供もいないから学校のことに関して無関心
だったのかもしれませんが、いつから学校は週休2日制になったの?


ねんざさんが小・中学校の頃は土曜日は半日授業だったんですよ。

午前で授業が終わると帰り支度をして、全員校庭に集まりそれから
各地区ごとに集団下校してました。

その頃市役所も土曜は半日だけ窓口を開けてたような気がします。

昼頃帰ってきても親は仕事に出かけていて誰もいないっていうのが当時の
当たり前でしたから、どの家も子供はあり合わせのオカズで食事して遊びに
出てました。

当然ねんざさんの所も親は仕事で留守ですから、昨夜の煮物の残りや
漬物、味噌汁などでランチを済ませ出動していたものです。

ねんざさんと妹は5歳離れてます。

まだ保育園の頃は近くに住むおばあちゃんが、あづかってくれてました。

でも小学1年生になったら、ねんざさんのあとをついてくるようになったんです。

ねんざさんは6年ですから、当然妹の面倒を見るように親から言われて
たのですが友達同士で遊ぶ時はどうしても足でまといになるんすよgawk

ほったらかして遊びに行くと妹は泣きじゃくってねんざさんを探します。
ちょうどトトロでメイちゃんがお姉ちゃんとはぐれた時のように。

それを近所の人が見つけてうちの親に通報されると、ねんざさんは
手討ちにされるので仕方なく連れて行きます。

その頃よくやってたのが“草スキー”と呼んでた遊びで、土手や堤防の斜面を
ダンボールをソリにして滑り降りるって単純なものでした。

これなら1年生の妹でも一緒に遊べるんですが、ただパンツが草でこすって
緑色のシミになったり泥だらけになったりして何故かねんざさんが怒られて
ました(・_・)エッ....?

草スキーの上の高度な遊びとして “岸壁おとし” っていうのもあります。

これは砕石工事をやった後の山の斜面を上からただ転げ落ちるという
今考えるとゾッとする遊びでした。

よく土砂崩れ起こさないで無事生きていますね~(;^_^A アセアセ・・・

流石にこれはチビには無理だしもし妹に怪我でもさせたら間違いなく
ねんざさんは逆さハリツケにされ、そのまま人柱としてどこかに埋めら
れてしまいます。

みんなが上から転げ落ちて来るのを下から妹と見てました。

たまにどこか脱臼したり、どこかの骨が折れるのがいてその後
学校から禁止命令が出ました。

川に泳ぎに行くと浅瀬でジャブジャブして、山へアケビ取りに行くときは
下で袋持ちをさせて、家では弟も加わって3人でプロレスしたり・・

夏、スイカを盗みに行く時は(もう時効ですよね・・)妹が逃げ遅れないように
あらかじめ隠れ家(砦?)に待機させてたりしてました。

何といっても昭和育ちそれも田舎ですから、そんなことばっかりやってた
ような気がします。

中学の時隠しておいた週刊プレイ♡ーイを見つけ出して、家族でテレビ
見ている時持ってきたのも妹です。

つい思い出したので書いてみました。

457_2
                    白井黒子ですの。テレポートできますのよ。

 



2013年6月 7日 (金)

アニメと八墓村

夜とか休日とか暇なんですよ。

この夏に1週間から10日の 四国1人気まま旅 を計画しているもんだから
無駄な出費は出来るだけしたくないんだよね。

まぁ・・計画なくても金が無いのは一緒なんだけどね。

テレビが予想以上につまらないし、これといって読みたい本も無いから
アニメを観ることにしました。

いつもの如くネットをあちこち検索していたら、号泣アニメ ってのを見つけて
紹介してあるアニメの中で、比較的☆3ぐらいのを選びました。

Kn01
         『Kanon』 (2006年 京都アニメーション版)

よい子の皆さんは知らなくていいんですけど、これ原作はエロゲーでし。

当時、性的要素を含むゲームの中に泣きのシナリオを取り入れたいわゆる
「泣きゲー」の先駆となった作品だと思います。

アニメーション版はもちろんエロい表現や露骨な性行為などは、排除されてます。

あと忘れてはいけないのがBGMの美しさです。
エロゲーにあるまじき耳に残る繊細な旋律が、各シーンを最高に盛り上げる
役割を果たしています。

Kn02
ねんざさんが、思わず鼻水垂らしながらティッシュ片手に ←風邪ではありません   
目頭を熱くして観たのが 佐渡真琴 との別れのシーンでした。

いい年してこんなアニメ観て何言ってるんでしょうかねぇ~

もう40歳ですよ。でもあの場面を思い出すと(T ^ T)

Air_162
        『AIR』 (2005年 京都アニメーション)

これも元々エロゲーだったのが、エロ要素を取り除き感動アニメに仕立てた
もの。

淡々と進むストーリーの中に何とも言えない切なさと悲しさのある
素晴らしいアニメだと思います。

Air02

俳優の夏八木勲さんが亡くなられましたね。
独特な迫力を持つ素晴らしい俳優さんでした。

急にこれを観たくなって借りてきました。

Ya02

       『八つ墓村』  (1977年 監督 野村芳太郎)

ある年代以上は必ず知っているほどの名作で “祟りじゃぁ~” は
流行語にもなりましたね。

ねんざさんはその頃4歳ですので、リアルに知ってるわけではありませんが
大きくなってうちの、おっ父やおっ母に聞くとかなり怖かったらしいです。

この映画は実際に起きた 津山事件 が元になってつくられてます。

事件については詳しく書きませんが、この映画の見所は 故渥美清氏演じる
静の金田一耕助ではないでしょうか。

『八つ墓村』は何度か映画化されたり、テレビのSP版で放送されてます。

金田一耕助を演じた俳優も 豊川悦司 古谷一行 片岡鶴太郎  稲垣五郎 ・・
といてほとんど全部観たと思いますが、やはり 渥美清  野村芳太郎監督版
が一番印象に残っています。

出演している俳優も 山崎努  萩原健一 夏八木勲 小川眞由美 山本陽子
田中邦衛  大滝秀治  風間杜夫 吉岡秀隆 ・・と豪華な顔ぶれです。

寅さんとオーバーラップしてしまうんですが、どこか飄々とした金田一耕助は
先頭を切って事件解決をするわけでもなく、暗くジメジメとした雰囲気のまま
鍾乳洞での、謎解きまで導きます。

Ya01


Ya03

最後は今観ても背筋が凍るシーンとなります。

ちなみに最初にテレビで放送された時の視聴率は 34.2% だった
らしいです。



« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »