無料ブログはココログ

« スウィングしたいぜ | トップページ | ドキドキしていた »

2012年4月18日 (水)

男の色気って・・

ねんざさんは、昭和の生まれです。

それも40年代です。

西暦ではありません。西暦なら70年代です。

世間一般には おじさん と呼ばれます。

自分ではまだ“イケてるんじゃないか?” などと考えて
いましたが、少しずつ年齢を感じています。

しばらく座って作業をしていると、首から肩にかけてのコリ
半端じゃありません。

首を軽く左右に動かすだけで コキコキ 音がします。

立ち上がろうとすると思わず“よいしょ!”なんて声が出ます。

 

最近は立ち読みしてると小さな字がぼやけるようになりました。


Kk005_3    
  キティちゃんとは同級生です。

  ねんざさんは10月8日生まれ。

  キティちゃんは11月1日生ま
  れなんですよ。

  

  キティおばちゃん なんて
  怒られますね(人><。)





《男の顔は40歳から》 って聞いたことがありますが
たまに鏡を見て自己嫌悪になったりします。

年相応の顔だとは思いますが 男 の顔じゃないんです。

うまく表現できませんが、今まで生きてきた経験とか知識とか
そんなのが役に立つわけじゃありません。

どれだけ 恥をかいたか? ってことらしいです。

これは男も女も言えることだって、何かの本に書いてありました。


ねんざさんが憧れる男の顔はこれです!



Dscf8864_01_2






       間違えました!


     ねんざさんが憧れるのは、彼です。

Kk003
                 《クリント・イーストウッド》 です!

マカロニウェスタンの傑作 『続夕陽のガンマン』 での彼を見て

青二才の私は惚れ込んでしまいました。

Kk001

葉巻を咥えながら遠くを眩しそうに見つめる姿に影響されて

いつもどこか遠くを見つめるような 仕草をやってみたのですが・・

私がやるとただの 目が悪い人 にしか見えませんでしたcrying   



そんなねんざさんが男を感じた映画と言えば。

Ga002            
         『スキヤキ・ウェスタンジャンゴ』 (2007年 三池崇史監督)

まさに黒澤明の“用心棒”を、西部劇に!って言えばマカロニウェスタン
“荒野の用心棒”じゃありませんか。

じゃあセルジオレオーネが三池崇史で、クリント・イーストウッドが
伊藤英明ってことですか?

平家と源氏の源平合戦を西部劇に置き換える発想も面白いし
赤の平家、白の源氏とした色彩的なものも見ていて楽しい。


あらすじとしては、ある小さな村に眠る 財宝 を狙って2つの
ギャング団が争っている。

平清盛(佐藤浩市)をリーダーとする平家と源義経(伊勢谷友介)
をリーダーとする源氏。

ギャング団同士の争いですっかり荒れ果てた村に、ひとりの
凄腕のガンマン(伊藤英明)が現れる。

Ga011

この映画で感じるのは 男の色気 ですね。

木村佳乃も素晴らしいキレ具合を見せてくれるんですが・・


Ga005_3 Ga004

Ga003_2




   






色気を感じさせる個性的な顔ぶれが、独特の 男臭さ を

この映画に与えています。



イカしてると言えば・・


Ika001

      イカ娘ちゃんで~~す


最近 加齢臭も気になります・・・







« スウィングしたいぜ | トップページ | ドキドキしていた »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ねんざん、お久しぶり!

ねんざんの誕生日、覚えちゃった!
だって私の結婚記念日と一緒!偶然だねぇ~(* ̄ー ̄*)

私も西暦で言うと70年代だよ。
昭和で言うと50年代だけど・・

男の色気ってあるよねぇ~。。
男くさっ!って言う映画やドラマ、最近見てないような気がします。

でも男はこれから!
女はもう終わったよ。。
もう衰える一方だもの。どう踏ん張るかが問題(涙)

だから、ねんざんはまだがんばって!
まだまだ色気は出せる!!! 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1654783/44923421

この記事へのトラックバック一覧です: 男の色気って・・:

« スウィングしたいぜ | トップページ | ドキドキしていた »